宝塚市薬剤師会
+ おくすり情報 +

How To 点眼液

2006/2/16 キッセイ薬品研修会よりレポート by Fujita Yasuko

点眼薬は何滴落とせばよいのか?


結膜嚢には30μL液体が入る。でも涙が常に7μLあるため、30-7=23μL余裕があります。
点眼薬の1滴は40〜50μL出るため1滴で充分です。必ずあふれ出てくるので拭きましょう!

点眼薬の使い方について


水性点眼薬→ゲル化点眼薬→眼軟膏の順で使います。
2種類以上の点眼薬を用いる場合は5〜10分間あけてください(できない場合は1〜2分でも
よいので少しでも間を開けてください)。
直接、点眼薬の容器の先を目につけないようにしてください(汚染防止)。

コンタクトレンズ装用時の点眼薬について


基本的には人工涙液の点眼剤のみ、コンタクトをしたままでの点眼が可能であります。
点眼薬のpHによってコンタクトレンズの含水率が変わってしまう=カーブが変わってしまいます。
以下の条件は酸性度の低い(=中性)の点眼薬に 有効です。酸性度の高い点眼液、着色するビタミンB12の点眼液、 用時懸濁型の点眼液はどんなコンタクトも外して点眼してください。

・煮沸消毒タイプのソフトコンタクトレンズ→必ず外して点眼してください。
・ハードコンタクトレンズ→きちんとケアするのが条件で、したままでの点眼OK!
・1dayタイプの使い捨てコンタクトレンズ→したままでの点眼OK!
・2Weekタイプの使い捨てコンタクトレンズ→△(メーカーとしてはあまりオススメできません)