宝塚市薬剤師会
+ おくすり情報 +

おくすり情報

お薬の飲み方

お薬をもらった際、お薬によって用法が違うので指示にしたがって正しく飲むようにしましょう。

 食直前…食事のすぐまえに
 食 前…食事の30分位前
 食 後…食事のあと30分位までの間
 食 間…食事の約2時間後(食事の最中に飲むのではありません)
 頓 服…症状に応じて一時的に服用

もしお薬の飲み忘れに気づいたら、できるだけ早く飲むようにしてください。 次のお薬を飲む時間が近いときは1回飲むのをやめるか、またはお薬を飲んで次に飲むお薬の時間を遅らせるようにします。 時間を遅らせる目安は、

 1日3回飲むお薬……次にお薬を飲むまで4時間以上あける
 1日2回飲むお薬……次にお薬を飲むまで6〜7時間以上あける
 1日1回飲むお薬……次にお薬を飲むまで8〜10時間以上あける

ただし、お薬や年齢によってはあてはまらない場合もあるので、気軽に薬局等でご相談ください。
1回飲み忘れたからといって、決して2回分を一度に飲まないでください。1回分の有効な量を超えて、中毒症状を 起こしやすくなるからです。また、食後のお薬は食事をした後に飲むことが基本ですが、食事をしていないからといって 飲まないのではなく、服用時間がきたら、きちんとお薬を飲むよう心がけてください。

お薬の副作用と相互作用


副作用とは…お薬を飲んだときに、本来、目的としていない作用が現れることがあり、これを「副作用」といいます。 たとえば、風邪薬を飲んだら眠くなったという場合には眠気が副作用となりますが、ぐっすり眠れるという人であれば 、副作用はとくに問題にはなりません。
副作用に気をつけなければならない人は下記のような方です。

・特異体質(アレルギーなど)のある人
・過去にひどい副作用経験をしている人
・肝臓など、お薬を代謝する臓器に疾患のある人
・ほかにもお薬を飲んでいる人
・タバコやお酒を飲んでいる人
・妊娠している女性
・仕事などで特別な環境にある人(高所での作業、長時間の運転など)

相互作用とは…2種類以上のお薬を服薬したときに、個々のお薬では見られない作用が現れたり、それぞれのお薬の効き目 が強くなったりよわくなったりするなどの変化が起こった場合、これらのお薬のあいだには「相互作用」があるといいます。 また、食べ物や飲み物によっても、お薬の効き目が変化することがあります。

 薬と食べ物や飲み物はケンカすることがあります

皆様も一度や二度や聞かれたことがあるかもしれませんが、 たとえばグレープフルーツジュースの例を挙げてみますと、 ある種の降圧剤の作用を強めてしまい、起立性低血圧とよばれる症状(例:めまい、ふらつき)を起こす危険があるからです。 このような例は、もしかしたら今お飲みのお薬でもおこることかも しれませんので、習慣的に食べているものや飲んでいるものがある場合は かならず医師・薬剤師にご相談下さい。

サプリメントとは?

いつでも、どこでも手軽にとれ、忙しい現代の健康生活をバッグアップするサプリメント。 スーパーやコンビニエンスストアにも陳列され、その種類は多く、配合されている成分もさまざまです。 ビタミン剤などのように医薬品としても扱われているものや、漢方薬局で売られている薬と同じ成分のものもあり 医薬品とのちがいにとまどう人も多いのではないのでしょうか。 では、サプリメントとはいったいなんなのでしょうかというと、栄養強化食品、栄養補助食品などといわれ、 必要な栄養分を積極的に摂取するためのものです。 かつては病気のときの栄養補給が主でしたが、いまでは不足している栄養素を補い、より健康的な生活を送るための 食品として利用されています。 なお、外見は薬のようなものでも、薬事法の規制があるため、れっきとした食品として扱われています。

正しいサプリメントの利用方法

1.使用目的はあくまで健康の維持、増進であること。
2.必要な成分のみを大量に摂取するのではなく、生活全体を見直してバランスよく摂取する。